音大・音高受験指導

 

音楽大学、音楽高校受験を目指す方に楽典、聴音、ソルフェージュ、ピアノを指導します。桐朋学園大学付属の音楽教室はじめ、受験指導は様々なところで行ってきました。

受験対策は限られた時間の中で必要な知識、音感などを確実に身につけなければいけません。東京芸大、桐朋学園大、京都芸大、大阪音大、同志社女子、神戸女学院大学等に多くの生徒さんたちが合格しました。受験までの時間に余裕があれば、幅広い音楽理論を勉強します。

音楽学校に進学する方の一助になれば、幸いです。

受験準備を始める時期

 

一概に言えませんが、ピアノ、ヴァイオリンなど、ごく小さいころから始める事が多い楽器の人は、早くからソルフェージュ、楽典など音楽の基礎知識を小学生、あるいはもっと早くからスタートすることがよくあります。

ただ、中学校で吹奏楽部に入り、管楽器に出会い、この道に進みたいと考えるようになる場合もとても多いのです。声楽やコントラバスなども、ある程度体が成長して状態でないと、学ぶことはできません。

では、そのような遅く音楽を始めた人も、音大入試に間に合うような準備ができるのでしょうか。

勿論、本人の意思と頑張りは不可欠ですし、本人の資質や受験校のレベルにもよりますが、私は十分可能だと思います。今までに、受験半年前に半分くらいしか点が取れなかった生徒さんが、物凄く頑張って、ほとんど満点になりました。また、音高入試1年前に、聴音がどうしても苦手だった生徒さんが、満点近い成績で合格し、優秀者に付与される奨学金をもらいました。

頑張って、自分の志した道に進めるよう、できるだけのサポートをしたいと思います。

お問合せはこちら

演奏・作曲・編曲のご依頼、レッスンのお申込み・お問合せはメールフォームからお気軽にどうぞ。